あると便利な映像配線関連

最近流行のゲーム実況ですが、実況をはじめる上で便利なアイテムを紹介したいと思います。
まず、YouTubeやニコニコ動画へのアップロード環境は勿論、ゲームのキャプチャ環境などを整えてもらうのはあたりまえですが
意外に知られていないのが、映像出力の分配器です。
映像出力の分配器、最近のゲームですとHDMI出力が主流です、そしてそのHDMIの対応キャプチャーボードをPCにつけてPC内の映像で出力すると、結構ゲーム画面の遅延がきになるものです。
PCの性能にもよりますが、普通のPCでも結構気になるレベルです、そこでそういった遅延を気にせずにゲームをプレイするために便利なのが分配器です。
ゲーム機から出ているHDMIを分配器に接続し、分配器からキャプチャするPCと別途ゲームをメインでプレイする画面を出力するモニターに接続し、同時に画面出力をします。
ゲーム画面をメインにするモニターには遅延がなく、録画は遅延がありますが、実際遊んでいるほうは遅延なく遊べるので、PCの方は録画に集中でき、別途モニターではゲームのプレイに集中できるのです。もちろん実況配信中に他の画面が出てきてしまっては台無しですから、軽いセキュリティソフトを使うようにしましょう。このサイトは実際にCPUやメモリの使用率を比較してレビューしているのでかなり参考になります。
音声などもメインモニターに集中できるので、かなり快適なプレイができます、もしPCゲームの実況でもPCゲームを画面キャプチャする場合でも、もしキャプチャすると遅延やHDDに不具合がでるようでしたら。
もう一台録画用のPCと分配器などをしようするという手もあるので、是非利用してみてください、分配器1台でこれほど快適にプレイできるのかと目から鱗が落ちる重いです。
HDMI以外の出力でも分配器はD端子やS端子、RGB端子などもあるので探してみると、快適なゲームプレイをしつつ実況動画を録画することが可能となります。
・HDMI分配器
・録画機能付きキャプチャーデバイス

最近ではPCもHDMI出力などになってきており、ましてスティックPCなどですとそのままHDMIポートに挿し込んで使用するなんてこともあります。
しかしながら、リビングで使用するようなTVやモニターであれば、HDMIポートを3つ、4つと装備しておりますが、小さなモニターではそうもいきません。
DVDやブルーレイ、ゲーム機などを使用するにあたって、毎回毎回コネクターを差し換えるのは非常に面倒です。
そこで活躍するのがHDMIセレクターなどです、一機は所持しておくといざというときに非常に便利です。
ポートは多くてもTVやモニターの背面にあるので、いちいちTVやモニターの背面にまわるのは面倒だ、という方にもおすすめです。

サンワサプライ 「SW-HD21」

2入力〜5入力まであります、自動的に信号を検出して切り替えてくれる自動切換機能搭載です。
値段は入力ポートが増えるたびに金額が大きくなります、リモコン付きタイプもあります。

バッファロー 「BSAK302」

こちらもリモコン付きなので、きりかえが楽々です、TV背面に設置できるので、見た目がすっきりとしますし配線が背面でまとめられます。

OKWEL 「3ポート HDMI ケーブル セレクター」

非常に安価なセレクターです、ただコネクタが4方向になるので、配線をすっきりしたい人にはむきません。
また、セレクターではなく分配器もあります、これはモニターに映像をうつしたまま、録画や実況配信などをしたい人向けです。

どうしても、ゲームを録画しながらプレイとなると遅延などが起こってしまうので、分配器があると遅延などを気にせずゲームをプレイして、録画や配信ができるのでオススメです。
だいぶHDMIセレクターも安価なものが増えてきましたし、HDMIケーブルもこだわらなければ安価なものが増えてきたので、ちょっとモニターに色々と接続機器がある方は、セレクターの購入をすると捗ると思います。